調布市立第二小学校

ホーム > 本校の特色 > 本校の研究

本校の研究

本校の研究

自分も友達も大切にし,主体的・協働的な学びを実現していく体育学習

目指す児童像

体育の学習に主体的に取り組み,他者と関わりながら学ぶ児童

研究の視点

「児童一人ひとりの”めあて”に寄り添った指導と評価の工夫」

研究仮説

体育の学習において,児童のめあてに基づいた活動に対して,

  適切な指導と評価を工夫することによって,

     児童が運動の楽しさを味わうことができるだろう。

年間計画

日程       内容 
4月13日(水) 研究全体会 見通しの確認後,分科会
5月23日(水) 実技研修 研究推進部と体育部による実技研修会
6月17日(金) 授業研究 中学年分科会提案
9月28日(水) 授業研究 高学年分科会提案
10月26日(水) 授業研究 低学年分科会提案
3月8日(水) 研究全体会 振り返り

 

記録

4月13日(水) 「研究全体会」(令和4年度の校内研究について)

議題(1)

体育科の授業領域を限定するか,幅広く扱うか

結果

学級の実態に合わせた柔軟な領域設定を可能にするため,領域は限定せず,幅広く扱うこととする。

議題(2)

何に焦点を絞って研究を進めるか

結果

・ICTの活用

・個の”めあて”に対する評価方法

・授業実践で使用された「学習資料」や「場の設定」などの活用

議題(3)

実技研修では何を扱うか

結果

・準備運動の基本的知識について

・児童の立場に立って,実際に体育の授業を受け,児童の目線から考える

6月3日(金) 「実技研修会」

講師:高嶋 祐樹先生(小体研「表現運動領域」部会前部長)

講演テーマ:「表現運動のススメ」

aaa

 第一部,講演「表現運動とは何か」では,低中高年学年ごとの表現運動の内容や,1単位時間の具体的な流れ,表現のための4つの工夫について教えて頂きました。第二部,実技研修では,高学年の表現運動を中心に,心と体をほぐす運動から始まり,即興的な表現,テーマに沿った表現など,多様な活動を体験しました。最後に,コロナ禍での実践への工夫をお話頂き,実践的な学びの場を提供して頂きました。

 

6月17日(金) 「研究授業(中学年分化会)」 (予定)

実践学級:4年2組(5時間目)

教科「単元名」:体育科「フロアーボール」