調布市立上ノ原小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 道徳授業【1年生】

道徳授業【1年生】

2020年12月12日

『ちいさなふとん』

教材『ちいさなふとん』は、よしこという女の子が、生まれたばかりの弟の小さな手を宝物のように大切に思い、母から弟が寝ている布団は自分も使っていた物だと知り、命の尊さや自分の成長に気付く話です。

授業では、教科書を読み聞かせた後、「自分が大きくなったと感じるのはどんな時か。」について話し合いました。「服や靴が小さくなったとき。」「前は手が届かなかった場所が届くようになったとき。」「あまり泣かなくなった。」「歩いていろいろな所に行けるようになった。」「お手伝いができるようになった。」「友達ができたとき。」など、1年生らしい発言でいっぱいでした。そして、「今日の学習で心に残ったことや、自分の生活に生かしたいことは?」という問いに、「命は一つしかないから命を大切にしたい。」「頑張って勉強や宿題をしたい。」「お友達を大切にしたい。」「大きくなったら〇〇になりたい。」など、これからも頑張っていきたいという思いが深まっていることが分かりました。これからの子供たちの成長を、保護者の皆様と共に見守っていきたいと、改めて感じる授業となりました。

担当 1年生