調布市立滝坂小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 校長からのメッセージ 9月15日

校長からのメッセージ 9月15日

so-tanbusi

2021年9月15日

「正しい鉛筆の持ち方」

 上の写真は1年生が漢字練習をしているところです。正しく鉛筆を持って、姿勢よく丁寧に書いていました。

 鉛筆を正しく持つといいことがたくさんあります。

 1 鉛筆をうまく動かせるので、正しく美しい字が書ける

 2 鉛筆の先に力がうまく伝わるので、ちょうどいい筆圧で書ける。

 3 無理な力が入らないので、手が疲れない。

などです。鉛筆の持ち方は、悪い癖がつかないうちに指導するのがいいのですが、1年生で入学した段階ですでに癖がついていることもあります。

 正しい持ち方になるよう、色々な鉛筆や補助器具が発売されていますが、「軸が太めの三角鉛筆」を使うと、親指、人指し指、中指がそれぞれ正しい位置に定まりやすく正しい持ち方ができるようになることが、これまでの経験で多かったです。

 お子様の鉛筆の持ち方が気になりましたら、ぜひ一度試してみてください。

 タブレットの使用が以前よりも格段に多くなりましたが、学校では「ノートに鉛筆で字を書く」という基本を今後も大切にしてまいります。

校長 小林 美也子