調布市立杉森小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 防災体験学習

防災体験学習

2020年10月24日

3,4年生が防災訓練を行いました。

体育館と東昇降口前にある7つのコーナーを3,4人のグループで回りました。体育館は、「AED取扱訓練」「担架搬送訓練」「119番通報訓練」「応急手当訓練」「煙体験」の5つ、東昇降口前は、「初期消火訓練」「重量物移動体験」の2つです。ちょうど3年生は社会科で防災に関する授業を行っており、実際に体験をすることで学習内容がより深まったようです。4年生は、昨年度も訓練しているので、今日は前回よりも上手にできていたように思います。やはり、繰り返し体験する中で、確実に定着してくるものですね。

 

  

活動後に子供たちは、振り返りを行いました。「本当にこういうことがあったら自分でできることを探し、人を助けたいです。」「ぼくにできるか自信はないけれど、ぼくしかいないときは『やるしかない。』と思ってやります。」

今日の体験から多くのことを学んだようです。これからも万が一に備えて、学習や訓練をしっかり行っていきましょう。今日の学習を用意してくださった、すぎもり地区協議会の皆様、調布消防署・消防団の皆様をはじめ、準備・運営に携わってくださった皆様、ありがとうございました。