調布市立調和小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 【全校】オリンピアン・パラリンピアンによる教育講演会

【全校】オリンピアン・パラリンピアンによる教育講演会

平成30年11月10日

オリンピアン、パラリンピアンをお迎えして、教育講演会を実施しました。

平成30年度オリンピック・パラリンピック教育アワード校事業の一環として,オリンピアン及びパラリンピアンをお迎えして教育講演会を実施しました。

今回講演会でお話いただいたのは、オリンピアン(陸上選手)大森盛一さんとパラリンピアン(陸上選手 視覚障がい)高田千明選手です。

お話の中では、目標を実現するためには、日々の努力が大切だと『継続は力なり』というお言葉をもらいました。また、目標に向かって今できること。例えば「朝自分で起きる」「宿題を忘れない」「好き嫌いなく食べる」など、小さな積み重ねが目標への1歩になると教えていただきました。そして、目標を決めたらそれを発信することで、目標に向かう力が大きくなると教えていただき、子供たちの背中を力強く押してくれました。これから、夢や目標に向かって羽ばたく子供たちへ、大きなエールとなりました。

講演会の後は、6年生が伴走体験授業を行いました。アイマスクを付けて走る、その伴走をするといった体験を通して、絆の強さや大切さを改めて感じることができました。