調布市立調和小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 全国学校給食週間第一日目「カレーライス」

全国学校給食週間第一日目「カレーライス」

平成30年1月24日(水)

ポークカレーライス、福神漬け、ほうれん草ときのこのサラダ、いちご

1月24日から30日は、「全国学校給食週間」です。

明治22年、山形県の小学校で家が貧しくてお弁当を持ってくることのできない子供たちへ昼食を出したのが、学校給食の始まりとされています。その後、学校給食の取組は全国へと広がりましたが、昭和16年に太平洋戦争が起こり、徐々に食料不足となり実施することができなくなっていきました。

戦後、子供たちの栄養状態の悪化が心配されたことから、学校給食の必要性が叫ばれるようになり、アメリカの民間団体から贈られた物資で給食を再開することになりました。昭和21年12月24日、東京、神奈川、千葉の三都県の学校で試験的に学校給食を再開することになり、給食用物資の贈呈式が行われたことから、この日を「学校給食感謝の日」とし、冬休みと重なるため、1ヶ月後の1月24日~30日が「全国学校給食週間」となりました。

初日は、リクエストの多いカレーです。給食のカレーは、調理員さんが小麦粉とバターを炒めて、ルーから手作りをしています。