調布市立第三小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 夢に向かって

夢に向かって

2021年2月1日

6年生は、けやきの時間に「将来なりたい自分」について考えています。

いまや子どもたちに大人気の職業、YOUTUBER。

その華々しい生活の様子や、好きなことで生きていく仕事ぶりを見て、憧れる子も多いのが現状です。

 

そこで、YOUTUBEを使って日本の教育について発信している「偽善者先生」をZOOMにてお招きし、お話を伺いました。

☝「偽善者先生」の話を真剣に聞く子どもたち。

YOUTUBEの大変さについて、「偽善者先生」は次のように話しました。

 

「YOUTUBERは何よりもメンタルが一番たいへん。学校なら子どもたちの反応がすぐわかるけど、YOUTUBEでは反応があまりない。手ごたえがないのが一番きついです。」

 

なるほど。

あんなに楽しそうに活動しているYouTuberも、撮影や編集、取材など一本の動画を投稿するのに12時間もかかるそう。

まさに重労働。苦労して作った動画に、反応がないのは、確かに心が痛みます。

 

 

 

それでも、「偽善者先生」はYOUTUBEを続けています。それはなぜか。

 

「自分の中で変わらない思いを表現できる場所がYOUTUBEだった。その信念を表現するために、今の仕事を選んだ。」

 

とのことです。

 

みなさんも、今の夢をあきらめず、信念を曲げず、最後まで挑戦してみましょう。その挑戦こそが、自分の力になります。

 

 

最後に「偽善者先生」の言葉を。

 

「自分の生き方を決めるのは、自分だ!!」