調布市立第三小学校

ホーム > 学校生活の様子 > いざというときのために

いざというときのために

2020年10月16日

毎年6年生は救命救急講習を受けます。
3時間分という長丁場でしたが、集中して講師の先生の話を聞いていました。












前半は事故がどんな時起きるかや、なぜ救急救命が必要なのかについての座学でした。

後半は実技です。

調布消防署の方々の指導を真剣に聞きながら、心肺蘇生法を学びました。

感染症対策で除菌しまくりました。

1分間心臓マッサージをするのはとってもたいへんそうでしたが、一生懸命取り組んでいました。

 

そのあとはAEDの使い方を学びました。

傷病者がいる想定で、

周囲への声掛け、傷病者への声掛けと呼吸の状態、心臓マッサージ、AEDの使用

と、実際に行う一連の流れをおこないました。

AEDの場所を確認しておこうね

本当に傷病者がいるつもりで、みんな真剣に取り組んでいました。

 

終了時には全員に救急技能認定証が渡されました!お疲れさまでした!

大人が受ける講習内容と同じボリュームでしたが、集中力を切らすことなく学ぶ姿にまた一歩成長を感じるとともに、

もし、災害が起きたときには頼もしい存在になってほしいなぁと思いました。

担当Z