調布市立第三小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 新しい日常でも大切なこと

新しい日常でも大切なこと

2020年6月26日

家庭科の授業をのぞいてみました。

「すずしく快適な過ごし方」について学習していました。

これから暑くなるので、快適に過ごす方策を話し合っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休校明けて一か月、子どもたちは少しずつ新しい学校生活を作り始めています。

 

校庭では、体育を行っていました。

いろんな跳び方見つけたかな?

ソーシャルディスタンスをとりながら、巧みな体の動かし方を工夫していました。

 

 

そして、今日は避難訓練もありました。

「ちゃらん♪ちゃらん♪・・・」

子どもたちの素早い避難行動に安心しました。さすが高学年。

緊急地震速報が鳴り響くと、子どもたちはすぐに身を守る体勢をとっていました

あたらしい生活になっても、緊急事態への行動はできないといけません。

高学年算数室。もぬけの殻ではありません。

避難の在り方も変わっているようですが、変わらず命を守ることをよく考えて行動に移せる第三小学校の子どもたちでした。