調布市立第三小学校

ホーム > 学校生活の様子 > これからの三小をつくっていこう その2

これからの三小をつくっていこう その2

2020年6月4日

きょうは日差しがつよいなぁ、お日様が出てるとぼくたちにはうれしいことだけど

あまり暑すぎるとしおれちゃうよぉ~


みんな思い思いのマスクつけるほど、マスクするのがあたりまえになってきたけど、

こんな暑い中マスクつけると、マスクの中があつくなって、くらくらしてくる~

 

 

 

 

 

 

 

 

コリャたいへんだぞ、っと急いでふじた先生のところへ向かいました。

「ふじた先生!今日みたいな暑い日でもマスクつけないとだめですか?

 くらくらしてきますよぉ~」

命からがらたどり着いた…

「あらあら、けやっき~、“ねっちゅうしょう“になりそうね。」

 といって、お水を一杯くれました。

 

「ごくごくごくごく・・・ぷはぁ~生きかえったぁ」

 

えぇ風や…

 

「これから暑い日になったり、外で活動したりするときにマスクをつけてると、

 ケヤッキーみたいに“マスクねっちゅうしょう”になってしまう恐れがあるわね。」

 

「えぇぇぇぇぇっ!?どうしたらよいですか?」

 

そういって、ふじた先生は説明してくれました。

 

縁側で涼んでいるわけではない。

 

 

 

 

 

「今年はいつもよりも対策が必要!」(突然の大きな声)

ドドドドドドドドド

それは・・・

・外出自粛が長くて暑さに慣れていない。

・外出自粛であまり汗をかいていない。

・マスクをしていると、のどがかわかないし、水を飲みにくい。

・・・からなの。

 

「さらに、熱中症と新型コロナ感染症の症状がそっくり!」

*******熱中症の症状********

・だるさ

・頭痛やめまい

・関節痛、筋肉痛

・味覚異常(味を感じにくくなる)

・げりやおうと

・ねつがでる

*********************

 

「えっ、それじゃふじた先生やお医者さんがはんだんできないね。」

「そうなの、お医者さんが、「むむっ、新型コロナにかかってるのかも!?」と対応してしまうそうなの。

 だから、熱中症で病院に行く人がふえると、病院が機能しなくなってしまうかもしれないと心配されているのよ。」

だいぶ落ち着いてきた

「医療崩壊っていうんだよね。」

「よく知ってるわねケヤッキー」

 

「さらに、同じ症状でも、熱中症だと重症なの。」

「今年は特に熱中症は怖いんだね。」

 

 

「そうね、だから・・・

 

 

 熱中症からみんなの、自分の命を守る 七か条よ!!!(大切なところは大きな声)

圧がすごい

~三小の熱中症予防対策 7か条~

1、暑い日はむりに体を動かさない。とくに急に熱くなった日は熱中症に気をつける。

2、水分ほきゅうをしよう。のどがかわいていなくても、中休みや昼休みの後には飲もう。

 お茶でもいいよ。水筒は毎日もってきてね。

3、朝食はしっかり食べよう。

4、すずしくなる服装をしよう。外に出るときはぼうしをかぶろう。

5、体調が悪いときは、がまんせず、近くの先生に伝えるか、ほけん室へ。

6、温度や湿度をこまめに確認。温湿度計は教室や体育館においてあるよ。

7、暑くて苦しくなったら、マスクを外そう。そのときは、窓が開いて換気がされているところ、友だちと離れたところで外そう。

 

 

「この水分を、とるのが一番だね~、熱中症に気をつけてかいてきな三小ライフおくりたい!」

涼しいところで、水分をとり、ゆっくり休んで元気になったケヤッキー

 

「この七か条に気をつけてね~」

「うん、ありがとうふじた先生!またね!」

げんきになったケヤッキーはけやきの木に帰っていきました。