調布市立第一小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 調布市「居場所事業」の初日の様子

調布市「居場所事業」の初日の様子

2020年3月9日

「居場所事業」の初日の様子

コロナウイルスによる臨時休校が続きますが、今週から調布市による子供たちの「居場所事業」が始まりました。

これは学童クラブに登録していない、休校により家庭で過ごすことが困難な小学校1年生から4年生までの児童のために、実施しています。

初日は保護者同伴で登録に来られた子供たちが、ユーフォールームで過ごしました。

家庭から持ってきたドリルをやる子、読書をする子など、各自自宅から持ってきたもので静かに過ごしました。

初日は少人数で過ごしました。