調布市教育委員会

ホーム > 調布市教育委員会からのお知らせ > 市立学校における9月13日(月)以降の教育活動について(通常登校再開)

市立学校における9月13日(月)以降の教育活動について(通常登校再開)

現在,市内の感染状況は,夏季休業日延長及び2学期開始時のオンライン授業を決定した時点と比べ,減少傾向が見られ,10歳未満及び10歳代の感染者数にも減少が見られています。

また,学校は,学習機会と学力を保障する役割のみならず,全人的な発達・成長を保障する役割や居場所・セーフティネットとして身体的,精神的な健康を保障するという福祉的な役割も担っています。

以上の観点から,調布市教育委員会は,9月13日(月)からの教育活動を以下のとおりとしました。

保護者・地域の皆様方におかれましては,学校における感染拡大防止に何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。

1 9月13日(月)以降の教育活動について

▶ 感染リスクの高い教育活動は中止とするなど感染症対策を徹底し,通常登校による教育活動を実施する。

▶ 緊急事態宣言の延長の報道もあることから,感染が不安でお子様を休ませたい場合は,欠席にはなりません
      ので,学校へご連絡ください。休む場合であっても,学習内容の保障を行います。

2 教育活動の対応等について

次の(ア)から(カ)の学習活動については,「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動(「★」はこの中でも特にリスクの高いもの)」であることから,緊急事態宣言等においては,三密が同時に回避できない状況にある場合は,中止,又は三密を回避できる状況に環境を変え実施します。

(ア) 各教科等に共通する活動として「児童・生徒が長時間,近距離で対面形式となるグループワーク等」及び
   「近距離で一斉に大きな声で話す活動」

(イ) 理科における「児童・生徒同士が近距離で活動する実験や観察」

(ウ) 音楽における「室内で児童・生徒が近距離で行う合唱及びリコーダーや鍵盤,ハーモニカ等の管楽器演奏(★)」

(エ) 図画工作,美術,工芸における「児童・生徒同士が近距離で活動する共同制作等の表現や鑑賞の活動」

(オ) 家庭,技術・家庭における「児童・生徒同士が近距離で活動する調理実習(★)」

(カ) 体育,保健体育における「児童・生徒が密集する運動(★)」や「近距離で組み合ったり接触したりする運動(★)」

3 部活動について

活動日や活動時間を制限し,感染症対策を十分に講じ,生徒の安全を最優先して実施します。なお,緊急事態宣言期間やまん延防止等重点措置期間中においては,接触を伴う活動,マスクを外した呼気や発声を伴う活動など,感染リスクの高い活動は,三密が同時に回避できない場合は実施せず,代替の活動を検討します。

4 ご家庭への感染症対策のお願い

夏季休業中は,これまで以上に児童・生徒の感染者が発生し,家庭内感染も多く見られました。学校運営を持続的に実施していくためには,学校での感染症対策にあわせて,ご家庭と連携・協力していく必要があります。

以下の点について,ご家庭においてもご協力いただきますよう,よろしくお願いいたします。

▶ 日中も含めた不要不急の外出・移動自粛

▶ 繁華街に外出自粛

▶ 3密の回避,正しい手洗い,咳エチケット(マスクの着用)

▶ 毎朝検温,健康観察し,本人及び家族が少しでも体調がよくない場合は登校させない

※この場合,各学校においては,児童・生徒の学習内容の保障を図ること

▶ 十分な換気

▶ 手が触れる場所などの消毒

5 その他

▶ 毎日の健康観察をお願いします。

▶ 児童・生徒本人及び保護者の方に,発熱等の風邪の症状がある場合には,登校させずに自宅で休養してください。