調布市立北ノ台小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 英語でプログラミング!?

英語でプログラミング!?

2019年1月24日

 本校は,30・31年度プログラミング教育推進校です。推進事業として,英語でのプログラミング的思考を生かした授業を実施しました。英語でプログラミング?どういうことでしょう。

 プログラミング的思考とは,「一連の活動を表現するために,どのような動きの組み合わせが必要であるのか。それららをどのように組み合わせていったらよいのか。さらに組合せをどのように改善すればより意図した活動に近づくのか,といったことを論理的に考えていく力」のことです。つまり,「コンピューターのような考え方をしてみよう」ということです。

 今回の授業は,「気持ちのよいインタビューをしよう」というめあてでした。

 ということは,「気持ちのよいインタビューには,どんな言葉の組み合わせが必要で,それをどのように改善していったらよいのか」ということになります。

 「ちゃんとあいさつをしよう!Hello!」「理解を示そう!I see.」

 そうした言葉が組み合わされていきます。日常会話にもプログラミング的思考がひそんでいるということです!

 最後は子供同士で発表!スムーズなコミュニケーションに教員もびっくりでした!

 なお,6年生の英語授業の様子は,2月9日(土)の学校公開で全学級公開します。ぜひご覧ください。