調布市立北ノ台小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 二十四節気の話

二十四節気の話

2019年1月21日

 1月20 日は大寒(だいかん)でした。それにちなんで,校長先生からは,二十四節気の話がありました。

 夏至,冬至,・・・・,「日が暮れる時間の話かなぁ。」と思っていたかもしれませんが,実は1年間を二十四の季節に分けた二十四節気(にじゅうしせっき)の1つなのです。全校朝会で校長先生から話がありました。

 昨日は大寒(だいかん)!寒いわけです。寒さに負けずに元気に遊ぶ子になりましょう!

 二十四節気は校長室前に掲示されていますので,ぜひどんな季節の言葉があるのか見てみましょう!大寒の次は立春!もう春なのです。ではその次は・・・?