調布市立北ノ台小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 命の授業

命の授業

2018年12月17日

 12月17日(月)の1時間目は,調布市内の全小学校で「命の授業」を実施しています。
 写真は,全校朝会で校長先生から紹介があった詩「みんなひとつの命だから」です。

 北ノ台小学校では全学級で,「生命ある全てのものをかけがえのないものとして尊重し,大切にすること」に関する授業を実施しました。

 命が大切なことはみんな分かっていることですが,授業として実施することで,改めてその大切さを実感したり,普段の自分の言動をじっくりと振り返ることができるのではないでしょうか。