調布市立北ノ台小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 校内研究授業を実施しました

校内研究授業を実施しました

2018年6月27日

 5年生のしっかり力をつけるコースで校内研究授業を実施しました。研究テーマは,「数学的な見方・考え方を高める指導の工夫」~対話的な学びの実現を通して~です。

 小数のあまりのあるわり算を正しくできますか?2.5÷0.7を一の位まで商を求めてあまりを出す計算です。

 小学校では,「2.5mのロープを一人に0.7mずつ分けます。何人に分けられ,何mあまりますか?」といったように具体的な場面をを想定して問題を提示します。

 このあまりって,いくつでしょう?4?0.4?なので今日の時間のめあては,「あまりの大きさを求めて説明しよう」になります。

 

 説明の方法は多様です。検算,筆算,テープ図・・・・,多様な方法であまりの大きさを説明していきます。

 そうした対話的な学びを通して,数学的な見方・考え方を豊かにしていくことが本校の研究です。次は,9月に2年生で授業を実施します。また掲載しますので,ぜひ本校の研究にも注目してください。