調布市立北ノ台小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 「命の授業」を実施しました。お子さんとぜひ話し合ってください。

「命の授業」を実施しました。お子さんとぜひ話し合ってください。

2017年12月18日

 12月17日(月)の全校朝会では,校長先生より「命」に関する話が2点ありました。1つめは,「命」とは,自分の未来を大切にすること。2つ目は,SNS等を介した悪い誘惑にのせられてかけがえのない「命」を落とさないことでした。
 全校朝会後の1時間目は,全学級において,「命の授業」として道徳の授業を実施し,「生命尊重」をテーマに話し合いました。

 「命」は大切であり,かけがえのないものであるということは,だれもが理解していることです。だからこそ,未来に向かって,日々一生懸命に生きていくことが大切です。

 しかしながら,時として,「自分なんてダメだ」「失敗した」「面倒くさくなってしまった」といった。マイナスの気持ちをもってしまうことも当然あります。こうした悩みを抱きながら成長していくのが思春期というものではありますが,気を付けなくてはならないのがSNSの悪用です。

 人の目の届きにくいSNSを利用して青少年の心の叫びに付け込み,言葉巧みに誘い出して殺害するという,極めて卑劣な手口の事犯が発生しています。「命を大切にする」という理念の下,お子さんと確認していただきたいと思います。

 

①家庭内におけるルールづくり

 スマートフォンやソーシャルメディア等の不適切な利用によるリスクをお子さんを話し合い,確認してください。その際,お子さんの発達段階やコミュニケーション能力に応じた家庭内でのルールを決めてください。

 例:使用する時間,使用する場所,使用するアプリ,保管場所 等

 

②フィルタリングの徹底

 単に「ダメ」ではなく,事例等を通して,なぜフィルタリングが必要なのかをお子さんと話し合ってください。その上で,フィルタリングソフトの設定をお願いします。(携帯ショップで設定してもらえます。)

 

 かけがえのない「命」を,悪い誘惑や興味本位で落としてしまわないように,お子さんとしっかり話し合ってください。学校でも,情報モラルに関する指導を続けていきます。ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。